なつかしMAP

西神田の大和湯と家族風呂

戦後すぐ、家庭に風呂が不足している時代に大和湯は始まり、昭和62年創業者平井久右衛門が亡くなるまでの約40年間の歴史だが、時代の変化に対応しながら最盛期は二階に家族団欒で入れる『家族風呂』を開設した。当時としては画期的で、家庭の延長として広く利用されていた。木造時代と鉄筋コンクリト造時代があり、オゾン風呂、コーヒー牛乳が懐かしい。

投稿者:三太さん 登録日:2009-06-25

> > このスポットに寄せられたコメント

西神田の大和湯と家族風呂に関する地図(2件)

このスポットの地図を登録(編集)する

コメント投稿欄

投稿者名
(50字)
コメント
(400字)
編集用パスワード
(10字)

新着コメント

(一覧)

りっちゃんさん
あそこのじいさんが雪がスゴい時でも、大通りを自転車で渡ろうとしてたから前から危ないと言われてたんだよねー。轢いた人が可哀想ともいわれました。
山本 六十六さん
大和湯の末っ子と同級生でしたので開店前に広い脱衣場で卓球させてもらいました。彼はそのころからうまかった!!
懐かしさのあまりさん
このサイトに来てあまりに懐かしいことばかりで涙がちょちょぎれています。(死語)

昭和40年代前半,西神田の県営アパートに住んでいて,当時風呂がなかったもので,銭湯に行っていました。

こちらには,たまーに,お金があって裕福なとき,家族4人できてました。

超なつかしいです。
ういいこさん
わたしの町内ですわ^^
なつかしいいい^^
コーヒー牛乳うまかったて。。
白うさぎさん
実は、平井さんがお亡くなりになった事故現場にちょうどいたのです。昭和62年、私が高校生で土曜の午後の昭和通り・・・。 母が平井さんと仲良かったので、急いで家に帰り母に伝えました。
両親が健在だったころ、一緒によく行ったものです。4、5歳。大きいお風呂は、本当に魅力でした。
長岡芸者のお姉さんやいろんな方に可愛がっていただきました。
スーパー銭湯が主流の時代、レトロな湯屋「大和湯」中島の「トキワ湯」思い出します。
追記さん
私は高校時代何度か入りました。昭和の終わりごろですね。当時知る限り最後の長岡の銭湯でしたね。ひょっとしたら中島の銭湯もまだあったかもしれませんが、宮内で下宿していた私にとっては気兼ねせずゆっくり入れるお風呂でした。当時は風呂上りに駅前にあったケンタッキーでポテトを買い自転車で食べながら帰るのが楽しみでした。

なつかしスポット一覧