なつかしMAP

であい橋

昔々、東北中生のデートコースだったところ(^。^)
私は、いつも『付き添い』でした(泣)

投稿者:やちさん 登録日:2013-09-25

> > このスポットに寄せられたコメント

であい橋に関する地図(1件)

このスポットの地図を登録(編集)する

コメント投稿欄

投稿者名
(50字)
コメント
(400字)
編集用パスワード
(10字)

新着コメント

(一覧)

こうじさん
東北中への通学路でしたが途中学校の側に引っ越したため忘れていました木造の欄干の低い橋でしたね 今度の同窓会の帰りに寄ってみたいと思います
大将さん
中学生の昭和34年頃かな川崎神社の隣にあった池に夜錦鯉を釣りに行き
その池の親爺に見つかり出会い橋までノンストップで逃げたが相棒が捕まり後で二人で謝りに行きました
ぜろさん
福島江サイホンができる前は福島江は栖吉川へ合流し、
用水を栖吉川へ注水していました。
その合流地点、福島江と栖吉川が出会う場所がここ
だったのです。橋の名前として現在に残っていること
に歴史やロマンを感じます。
以前から、何で「であい橋」なのか不思議に思ってい
ました。見落としてしまいそうな古い橋ですが、歴史
ストーリーを知ると素敵な橋に感じます。
ひこさん
今から20年ほど前、長商生だった頃、通学の自転車で、バイパスの勾配がきつくてこちらの橋を渡っていたのを覚えています。栖吉川と福島江の交差地点で、栖吉川サイフォン。川の下を川がくぐるという面白いスポットでした。小学3年のころに「長岡のあゆみ」という社会科の資料集でも紹介されていて、懐かしい思いでいっぱいです。福島江は満水時は怖かったですね…。
かぜさん
でわいばしだった気が
浮草ふわふわさん
今は木じゃないんですか?
大好きだった男の子を一番最後に身近で見たのがこの橋近辺でした。
思い出の橋です。
じゅんぺーさん
木でできた橋だったころ「長陵」の煉瓦煙突と相まって冬の時期は、さだまさしの歌詞に出てくる「橋のたもとに造り酒屋のレンガ煙突」の風景に思へ、なんとも情緒がありました。

なつかしスポット一覧